自分で出来るストレスケア

ストレスは髪によくない?

自宅発毛マニュアル,育毛の達人式,口コミ,ストレスケア,薄毛,回復

 

現代社会において、ストレスフリーの生活をおくることは不可能です。また、人は自分の能力を発揮させるためにも、ある程度のストレスは必要です。

 

ただ、過剰なストレスやストレスの蓄積によって髪の毛のみならず、身体の様々な部位に病気や症状となって現れます。

 

では、髪の場合はどんな悪影響を与えているのでしょうか?

ストレスは髪にどんな影響を与えるか?

ストレスを受けると自律神経のバランスが崩れます。さらに、ホルモンバランスがくずれ免疫力も低下します。
最も危険なのが、ストレスを受けていることを私達自身が感じていないケースが多いことです。

 

◆ 自律神経

 

育毛の達人式 自宅発毛マニュアル」の中で、一番重要視しているのは”血液の流れ”です。

 

人間の生命活動に必要なエネルギーも老廃物も、全て血液で運ばれていますので、当然といえば当然ですよね。

 

ストレスを受け、自律神経が乱れると、頭皮の血管が萎縮し血流が悪くなります。その結果、どんなに髪の毛にいい栄養素をとっても、毛根まで十分な量を運べなくなってしまいます。

 

その結果、細い髪の毛しか生えてこなくなり、発毛サイクルが崩れてどんどん向ける髪の量が増えていってしまいます。

 

自宅発毛マニュアル,育毛の達人式,口コミ,ストレスケア,薄毛,回復

 

◆ ホルモンバランス

 

ホルモンバランスが崩れると、抜け毛や薄毛に影響があることが最近の研究で明らかになってきました。

 

そのメカニズムは、ホルモンバランスが崩れても血流が悪くなるのですが、このときにジヒドロテストステロンという男性ホルモンが分泌されます。

 

このホルモンは、血流の流れを促進されるために分泌されるのですが、実は、髪の毛にとってはあまりふさわしくなく、脱毛の原因になっています。

 

つまり、血流が悪くなって髪に栄養を届けられないばかりか、髪を抜けさせてしまうホルモンまで分泌させてしまっていることになるのです。

自分で改善できるストレスケア

仕事での悩み、人間関係、家庭内の出来事など、ストレスは目に見えるわけではありませんから、それ自体を取り除くことがむずかしいのも現実ですが、自分で出来るストレスケアもあります。

 

◆ PCやスマホ

 

もはや、これらの機器を使用しない日は皆無ではないでしょうか?

 

ただ覚えておいたほうがいいのは、これらの機器から放射されているブルーライトは目への負担が大きく、目の疲れから身体の様々な部位に悪影響を与えている可能性が高くなります。

 

また、ブルーライトは太陽の光と同じなので、夜遅くまで携帯やPCを触り続けることは、体内リズムを狂わせます。

 

また、同じ姿勢を長時間続けることで血行が悪くなります。

 

自分で、使用する時間を決め、定期的に休憩をはさみ軽いストレッチをすることで、メンタル的なリフレッシュだけでなく、身体の負担をリセットすることができます。

 

◆ 睡眠

 

自宅発毛マニュアル,育毛の達人式,口コミ,ストレスケア,薄毛,回復

 

髪の毛は、人間が起きて活動している間は、外からも内からも様々な要因でダメージを受けていますが、それらのダメージを寝ている間に回復しています。

 

つまり、睡眠は髪の毛にとって非常に大切な時間なのです。

 

そのメカニズムを簡単に紹介すると、髪の毛の大部分はタンパク質でできていますが、そのタンパク質の合成を高めてくれるのが成長ホルモンです。

 

そして、この成長ホルモンは夜10時~深夜2時の間に最も多く分泌されます。

 

また、人間の体は寝ることで休息をとり、新たな生命活動のためのエネルギーを充電します。

 

しかし、睡眠が不足すると、最初に人体のダメージ回復にエネルギーが使われ、生命の必須器官でない頭皮や髪の毛は、エネルギー配給の優先順位が低くなります。

 

その結果、毛母細胞の細胞分裂も十分に行えなくなり、薄毛や抜け毛の可能性が高くなってしまうのです。

 

忙しい現代人が夜10時に寝ることはむずかしいかもしれませんが、このメカニズムを覚えておいて、出来るだけ早く就寝するように心がけることが大切です。

 

◆ 運動

 

自宅発毛マニュアル,育毛の達人式,口コミ,ストレスケア,薄毛,回復

 

毎日、適度な運動をすることは血液の流れを良くする上でも欠かせません。

 

育毛の達人式 自宅発毛マニュアル」には、オリジナルの体操の仕方も説明されています。

 

もう、無駄なお金と時間は必要ありません。

やるだけなんです!